プログラミングって身につけて転職すると稼げるの?プログラミングスクールってどうなの?

プログラミングって身につけて転職すると稼げるの?プログラミングスクールってどうなの?

配達員で稼ぐのもいいけど、将来に備えて何か手に職を持っておきたいな…。

体力仕事よりも、できることなら在宅で自由に働ける仕事はないかしら…?

配達を進める傍ら、漠然とこのようなことを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当サイトでは日頃配達員をしている方へ向けて、配達員以外でも稼ぐための様々な方法・お仕事をお伝えできればと考えております。

今回ご紹介するのは、フリーランスを中心としたプログラマーのお仕事です。

配達員とは打って変わり、

  • 在宅ワークで高収入
  • オフィスカジュアルでかっこいいアレ
  • スタバでMacのアイツ

的な印象がありますが、実際のところ本当に稼げるのか気になるところではあります。

また、プログラミングと聞くと「なんだか小難しくて、素人には無理でしょ。」となってしまいそうですが、そこの話も含めて…

  • プログラミングを身につけると稼げるのか
  • プログラミングスクールは通う必要はある?独学はどうなの?

と言うところを中心に、筆者の実際の経験も踏まえつつ解説していきます!


プログラミングを身につけると稼げるの?

結論から言うとプログラミングは稼げます。

ただし、ただ単にプログラミングを身につければ稼げると言うわけではありません。

配達員でただ闇雲に配達するだけでは中々報酬が増えていかないのと同じように、プログラミングもきちんと順序立てて、工夫していくことで稼げるようになるわけです。

※プログラミングで稼ぐためのコツ・ロードマップの記事は、後日公開いたします。

ここでは、プログラミング(プログラマー)がなぜ稼げるのか、その理由について解説していきます。


① 圧倒的人材不足

(出典:平成30年経産省IT人材需給に関する調査

上の表は、プログラム言語などを扱ういわゆるプログラマーなど、IT(情報技術)の仕事に携わる人材についての需要と供給を2030年まで予測したものです。

これを見ると、プログラマーなどのIT人材の供給はあまり変化が見られないのに対して、需要はどんどん上がっていることが分かります。

言い換えれば、今後少なくとも10年はプログラマーは人材不足が続くということになります。

確かに、筆者自身もいくつかのプログラミングを扱うお仕事(プロジェクト)をしてきたのですが、どの案件も人材の不足に悩んでいるところはありました。

一般的に、人手が足りない場合はお仕事(案件)の単価は相場より上がり、足りている場合は相場より下がる傾向があります。

つまり、今は人手が足りていないので単価が上がっている、ということですね。

今後もIT産業が拡大していくのは間違いありません。(AppleやGoogle、Amazonなど、今世界を席巻している企業はすべて、IT企業です。)

市場がどんどん大きくなっていくのに、人手はいつまで経っても増えない…と言うことになれば、プログラミングができる人の価値はどんどん上がっていきます。


② 簡単にできる仕事ではない → 競争率が低い

配達員をされている方の中には、

  • 以前と比べて配達員の数が増えてきて段々と稼ぎにくくなってきた。

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また「今は稼げているけど、この先数ヶ月稼ぎ続けられるかは分からない…。」という方もいらっしゃると思います。

配達員は、言ってしまえば誰でも簡単にできる仕事なので、人手が確保しやすい業界なんです。

ということは先程の話で言えば、人手が足りているのでお仕事の単価は今後どんどん下がっていく…ということです。

具体的な例で言えば、最近Uber Eats で配達パートナーの配達料金の仕組みが新しく変更され、以前よりも配達単価が下がった…という話がありました。

配達員の数がさらに増えれば、今後は他の配達員でも同様のことが起こる可能性は十分にあると考えていいでしょう。

 

…前置きが長くなってしまいましたが、プログラミングのお仕事は誰にでもできるわけではありません。

仕事としてプログラミングを扱うには、スクールに通ったり、独学で長い時間をかけて習得する必要があります。

簡単にできる仕事ではないので、配達員のように単価が下がる、ということはありません。(比較的簡単なプログラミングのお仕事は低単価なことが多いです。)

さらに、プログラミング業界はフードデリバリー業界に比べて市場が広く、一度スキルを身につければ幅広い業界で活躍することができます。

簡単にできる仕事ではないからこそ、プログラミングのお仕事は稼げる、というわけです。


③ 高単価の案件が多い(月収100万円以上も可能)

人材不足も相まって、プログラミングのお仕事は高単価の案件が多いです。

特に日本国内では、昨今の在宅ワークの流れもあり、WEB系プログラマーの需要が高まっています。

WEB系プログラマー向けの案件

上の案件は一例ですが、例えば会社で2〜3年ほどプログラマーとして働くなどして、相応のスキルを身に付ければ月収100万円を超えるような案件のお仕事を受けることも可能です。

在宅ワークが比較的多いWEB系プログラマーの案件であれば、PCとネット環境さえあればどこでもお仕事できるので、例えばカフェでコーヒーを飲みながら優雅に仕事したり、全国各地を旅しながらお仕事をしたり…なんてこともできちゃいます(笑)

プログラミングは配達員との相性も良いですね。

日によって、体を動かしたいときは配達を、室内でまったりとお仕事がしたいときはプログラミング…といった自由な働き方をする人も段々と増えてきました。

MEMO

プログラミング言語には、様々な種類があります。

ユーザーが実際に触れる画面や操作など、WEB周りを扱う言語や画面上では見えない裏のシステム周りを扱う言語など、用途によって様々な言語が存在し使われています。

在宅ワークを中心としたフリーランスのプログラマー向けの案件は、主にWEB系の言語を扱う仕事が多いです。

一般的に、WEB系プログラマーの年収は同世代の平均年収に比べてかなり高く、中には年収1,000万円を超えるプログラマーもいるそうです。


でもプラグラミングはどうやって身に付けるの?

でもプラグラミングはどうやって身に付けるの?

プログラミングのお仕事は今後長い期間に渡って稼げる可能性が高い、ということは分かりました。

とはいえ、配達員とは違って簡単に始められる仕事ではない…と感じている人も多いのではないでしょうか?

結論から言えば、プログラミングを仕事にするのは簡単ではありません。

「独学でプログラミングを学んで月収100万円!」といった広告を時々目にしますが、独学の場合、ほとんどの方は挫折するとか…。(独学でのプログラミング学習の挫折率は90%以上という報告もあります。)

筆者個人の考えとして、プログラミングを“最短”で学ぶ方法は2通りあります。

  • プログラマー(初心者でも可)を募集している会社に就職し、現場(案件)で直接プログラミングスキルを身に付ける
  • プログラミングスクールに通う

順に解説していきます。

独学によるプログラミングは、あまりオススメではありません。相当根気よく進めていける方であればアリかも…?


現場で直接プログラミングスキルを身に付ける

最近は人材不足のため、プログラミング初心者でも採用し、自社である程度教育したあと、現場(案件)に送るような企業が見られるようになりました。

現場で直接仕事をしながらプログラミングを身に付けられるので、一見良いことばかりのように見えますが、実はデメリットも多く存在します。

デメリット
  • 雇ってもらえるのは若手(20代)がほとんど
  • 扱うプログラミング言語は選べないことが多い
  • 最初はスキル不足なのでかなり大変…というかキツイ
  • 月収は低め〜平均的

案件によって使うプログラミング言語は変わります。

例えば、自分がRubyやPHPなどWEB系のプログラミング言語を使ったお仕事がしたいと思っていても、案件がシステム系のプログラミングであればJavaなどを使うことになり、自分の成りたいプログラマーの将来像から大きく逸れてしまいます。

また、現場で叩き上げといった形でのプログラミングの習得になるので、慣れるまでの半年〜1年はかなり大変で、お給料も大変な割にはあまりもらえない印象があります。

MEMO

会社でプログラマーとして働く場合は、案件の報酬の一部を会社がもらうのでプログラマーに入るお金はそれほど高くはありません。

プログラミングでしっかり稼ぎたい方は、フリーランスを目指すのが理想的です。


プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通い、メンター(指導員)による指導のもと基本的な知識から実践的なプログラミングまでを短期間で身に付ける方法です。

メリットとしては「圧倒的な学習効率の良さ」ではないでしょうか?

基礎知識から応用まで、実際に現場で活躍しているプログラマーが効率的にプログラミングを身に付けるために一から丁寧に教えてくれます。

実際、筆者も最初はプログラミングスクールでプログラミングを学びました。

スクールで基礎から丁寧にしっかりと学んだので、初めての案件もそれほどの苦労なく落ち着いて対応することができました。

効率よく学べるプログラミングスクールですが、

  • それなりに費用がかかる
  • スクールを出たからといって採用されるわけではない

といったネガティブなイメージもあります。

しかし、そんなイメージを受け最近は、「転職できなければ全額返金保証」といった制度を用意するスクールも出てきました。


転職できないと全額返金するプログラミングスクールが出てきた。

プログラミングスクールに通い優秀なメンターによる指導のもとプログラミングスキルを身に付け、その結果を元に転職する。

これが理想的な形ではありますが「プログラミングスクール出身の人は採用が難しい」という風潮・問題がありました。

そんな問題を受け最近は、

転職できなかったら全額返金保証

というプログラミングスクールが出てきました。

それが以下の2つです。

順にご紹介いたします。


DMM WEBCAMPのメリットは?費用は月いくらで始められる?オンラインは可能?

DMM WEBCAMP_ロゴ

費用(月額) オンライン 受講場所 転職率 転職・返金保証
¥24,882(税込) 〜 東京

大阪

98%

(※条件あり。詳しくは公式サイトをご確認ください。)

メリット
  • 個人の希望や能力に合わせて、カリキュラムを組んでくれる
  • 転職保証・返金保証制度が用意されている
  • 就職先に非公開の求人を数多く用意
  • 転職先の離職率はわずか1%
  • 給付金によるキャッシュバック制度も用意
  • DMM WEBCAMP限定のエンジニアサロンに入れる

大手企業であるDMMが運営するプログラミングスクールです。

個人の希望や能力に合わせて、一から丁寧に指導してくれるのはもちろんのこと、転職先に優良企業が多いことでも評判です。

転職保証や返金保証も用意しており、条件を満たすことで給付金によるキャッシュバック(最大¥560,000)を受けることができるなど、手厚いサポート体制も魅力です。

また、オンラインによるカリキュラムの受講も可能です。

>>DMM WEBCAMP|未経験者の為のプログラミングスクール


TECH CAMPのメリットは?費用は月いくらで始められる?オンラインは可能?

TECH CAMP_ロゴ

費用(月額) オンライン 受講場所 転職率 転職・返金保証
¥19,600(税込) 〜 東京

名古屋

大阪

福岡

99%

(※条件あり。詳しくは公式サイトをご確認ください。)

メリット
  • 質の高い教材と合計600時間の学習カリキュラム
  • チームによる開発経験も積める実践的な内容
  • 充実したサポート体制
  • 専属のアドバイザーによるキャリアプランの相談が可能
  • 転職後3年間は無料でキャリア相談ができる
  • まこなり社長

DMM WEBCAMPと並んで、特に有名なのが「TECH CAMP(テックキャンプ)」です。

充実のカリキュラム内容やオンラインによる受講、手厚いサポート体制、転職保証・返金制度が用意されているところはDMM WEBCAMPと似ています。

また、プログラマー(エンジニア)としてのキャリアを今後どうしていくか?などスキル以外での部分でもしっかりと面倒を見てくれるのもメリットの一つです。

>>未経験から最短でエンジニア転職を目指す | テックキャンプ

カリキュラムを受講できる場所がDMM WEBCAMPに比べて、多いのもポイントですね♪


 

プログラミングスクールによって、カリキュラムの内容や費用、サポート内容などはまちまちです。

そして、どういう働き方・仕事がしたいのかで学ぶべきプログラミング言語も大きく変わってきます。

「プログラミングスクールに通ってみたいけど、どのスクールが自分に合っているのか分からない…。」

という方は、無料カウンセリングで具体的な話を聞いてみるのもオススメです。

無料カウンセリングに行くと何かメリットあるの??

DMM WEBCAMPTECH CAMPをはじめ、プログラミングスクールでは無料カウンセリングを実施しているところが多くあります。

  • 個人の希望に合わせ、各スクールの強みを活かした最適なコースを紹介してくれる
  • 将来のキャリアプランに合わせて、最適な学習法などを教えてくれる
  • プログラミングの仕事や働き方など、気になるアレコレを聞くことができる
  • 無料でプロのエンジニアから話が聞ける

無料カウンセリングでは、個人の希望や将来どんな仕事がしたいか?に合わせて、効率のいい学習方法や最適なコースを教えてくれます。

運が良ければ、実際に現場経験のあるプロのエンジニアから直接話を聞けることもあるそうです。

配達もやりつつ、こういったデスクワークもできる、複数の仕事を掛け持ちしながら生活するスタイルはこれからどんどん増えてくると予想されます。

「普段配達仕事でちょっと疲れてきたな…。」という方は、とりあえず無料カウンセリングで話を聞いてみるのも良いかもしれません。

 

無料カウンセリングで無理な勧誘はありませんのでご安心を(笑)

次回の配信をお楽しみに!